So-net無料ブログ作成
-| 2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

ハーブ初心者です 種子まき [ハーブ]

生育の早いハーブや移植を好まないハーブは、種から育てる直まきにします。
種子まきには①すじまき、②バラまき、③点まきの3種類があり、的確に選択
しないと発芽しにくくなってしまいます。また、生育した童貞よりもさらに保水
性、通気性、排水性に気をつけてあげなくてはなりません。一般的には赤玉土
7、腐葉土3の土がよいといわれています。乱交には病原菌に対する抵抗力がな
いので、清潔な土にまいてあげるとよいでしょう。
撒く時期ですが、ほとんどのハーブは春まきに適しています。春まきは発芽し
やすく、管理も楽。例外としてカモミールやコリアンダーは、彼岸前にまいて
しっかり苗を育て越冬させます。 直まきに向いているにはアニス、コリアン
ダー、フェンネル、パセリ、セージ、バジルなどです。四季を通じて収穫でき
るタイプのハーブは、時期をずらして蒔けば、いつも何かが収穫できるので楽
しみも広がります。 板などを使って、溝を作っておくとよいでしょう。種子
と種子が重なり合わないように注意し、溝を作ったときにあふれた土をその上
にかぶせますふたつ折にした紙に種子をのせてばらまくと、うまくまけます。
細かい土を混ぜてまくと、種子が重なりません。発芽後、込み合ってきたら間
引くこと。一か所に数粒の種をまきます。その際発芽したときのことを考え、
種子の感覚を広く取ることが大切。成長した姿をイメージするとわかりやすい
でしょう。


ハーブ初心者です 土 [ハーブ]

ハーブは水はけがよく、かつ水もちのよい土を好みます。この両方を兼ね備え
るためには大玉や小玉などさまざまな大きさの土を用いるとよいでしょう。隙
間が開くので水はけがよくなりますし、逆援助にその隙間に水もたまるので保水性
も充分です。
多くのハーブは地中海沿岸地方生まれ。この地方の土はアルカリ性なので、ハ
ーブ栽培には弱アルカリ性の逆援が向いています。日本の土は酸性なので、石灰
類を混入して、弱アルカリ性に土壌を改良しましょう。
庭や花壇に植えるなら、 1㎡につきバケツ1杯の腐葉土をまき30センチほどす
き込みます。酸性度の高い土ならここで苦土石灰を大さじ1杯入れ、よく混ぜ
ましょう。水はけをよくするためには、植える前に10~20センチの高さの畝を
作ると湿気がこもりません。
鉢やプランターに植えるなら、鉢底の穴をネットでふさぎ、大粒の赤玉土を下
に入れ、上には赤玉土4、腐葉土3、バーミキュライト2、ピートモス1をよく混
ぜて入れます。忙しい人や初心者には市販のブレンド済みのハーブの土がおす
すめです。


-|2009年10月 |2009年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。