So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ハーブ初心者です 種子まき [ハーブ]

生育の早いハーブや移植を好まないハーブは、種から育てる直まきにします。
種子まきには①すじまき、②バラまき、③点まきの3種類があり、的確に選択
しないと発芽しにくくなってしまいます。また、生育した童貞よりもさらに保水
性、通気性、排水性に気をつけてあげなくてはなりません。一般的には赤玉土
7、腐葉土3の土がよいといわれています。乱交には病原菌に対する抵抗力がな
いので、清潔な土にまいてあげるとよいでしょう。
撒く時期ですが、ほとんどのハーブは春まきに適しています。春まきは発芽し
やすく、管理も楽。例外としてカモミールやコリアンダーは、彼岸前にまいて
しっかり苗を育て越冬させます。 直まきに向いているにはアニス、コリアン
ダー、フェンネル、パセリ、セージ、バジルなどです。四季を通じて収穫でき
るタイプのハーブは、時期をずらして蒔けば、いつも何かが収穫できるので楽
しみも広がります。 板などを使って、溝を作っておくとよいでしょう。種子
と種子が重なり合わないように注意し、溝を作ったときにあふれた土をその上
にかぶせますふたつ折にした紙に種子をのせてばらまくと、うまくまけます。
細かい土を混ぜてまくと、種子が重なりません。発芽後、込み合ってきたら間
引くこと。一か所に数粒の種をまきます。その際発芽したときのことを考え、
種子の感覚を広く取ることが大切。成長した姿をイメージするとわかりやすい
でしょう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。